あおば社会保険労務士法人

静岡/東京のあおば社会保険労務士法人
社会保険・労働保険・労務相談・助成金申請・給与計算業務など幅広く対応いたします。

あおば社会保険労務士法人 労働保険事務組合・静岡県東部労務管理協会

お問い合わせ・ご相談はコチラから
9:00~18:00 土日祝日応相談
静岡オフィス 055-983-6770
東京オフィス 03-6430-9450
大坂オフィス 06-6776-8480
お問い合わせ・資料請求
お役立ち情報
マイナンバー関係情報

Q&Aが公開!従業員からのマイナンバーの提供がないとき(厚生労働省)

2018.05.01

 これまでマイナンバーの届出を行ってこなかった企業では、届出等の進め方について検討されているかと思いますが、これに関連して厚生労働省から「雇用保険業務等における社会保障・税番号制度の対応に係るQ&A」が公開され、リーフレットも更新されました。 届出等に記載すべきマイナンバーが何...

被扶養者資格の再確認について(協会けんぽ)

2018.04.02

 協会けんぽでは、高齢者医療制度における納付金及び保険給付の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認するため、毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しています。  平成30年度は、上記に加えて、被扶養者様及び70歳以上の被保険者様のうち、協会...

雇用保険でマイナンバーの記載がないものは平成30年5月以降返戻されることに(厚生労働省)

2018.04.02

平成30年5月以降、マイナンバーの記載が必要な届出等(※)について、マイナンバーの記載がない場合には補正のため返戻する場合があるとの周知が行われました。  ※ マイナンバーの記載が必要な届出等は以下のとおりです。①雇用保険被保険者資格取得届②雇用保険被保険者資格喪失届③高年齢雇...

日本年金機構における手続きでのマイナンバー利用(厚生労働省)

2018.03.01

 事業所の社会保険手続きにおけるマイナンバーの利用は、当初の予定からかなりの期間見送られる結果となりましたが、いよいよ平成30年3月5日から利用が開始されました。大きな変更点について、簡単にご説明致します。 【基礎年金番号との兼ね合い】  被保険者のマイナンバーを記載したとき...

今月中旬以降に日本年金機構から届く「マイナンバー等確認リスト」(日本年金機構)

2017.12.01

 日本年金機構が管理している情報(氏名、性別、生年月日、住所)と住民票に記載される情報が相違している等の理由により、日本年金機構においてマイナンバーの確認ができない被保険者がいることが明らかになっており、日本年金機構においてマイナンバーが確認できない被保険者及び被扶養配偶者(国民...

マイナンバー制度における情報連携及びマイナポータルの本格運用開始(総務省)

2017.12.01

 マイナンバーを利用して行政機関の間で情報をやりとりする「情報連携」及びマイナンバー制度の導入に併せて新たに構築している個人ごとのポータルサイト「マイナポータル」(https://myna.go.jp/)について、平成29年11月13日から本格運用を開始しました。  また、マイナ...

「年末調整電子化」マイナポータルで変わる業務のあり方(内閣府)

2017.11.01

 各種マスコミにおいて年末調整の電子化に関するニュースが大きく報じられています。今後、保険料控除・住宅ローン控除などの各種控除に係る情報をマイナポータル(※)に通知し、簡便に控除申告書が作成できる環境を用意し、雇用主に対して電子的に提出できる仕組みを構築するという方針が内閣府より...

LINEとマイナポータルが連携(内閣府)

2017.07.03

 LINEアプリと内閣府が運営する「マイナポータル」の連携に関して合意したと発表がありました。今回の連携により、今後開設されるマイナポータルのLINE公式アカウント「マイナちゃん」との簡単なメッセージのやり取りで、マイナンバーや個人情報を使用することなく、全国の行政サービスを横断...

「マイナンバーカード利活用推進ロードマップ」を公表(総務省)

2017.04.03

 総務省よりマイナンバーカードの利活用推進ロードマップが公表されました。このロードマップでは、マイナンバーカード・公的個人認証サービス等の利用範囲の拡大の観点から、身分証等としての利用、行政サービスにおける利用、民間サービスにおける利用を推進するとともに、平成29年秋頃に本格運用...

日本年金機構のマイナンバー利用了承(内閣府)

2016.12.01

 政府は閣議で、日本年金機構のマイナンバー利用を了承する政令を閣議決定しました。 昨年の年金情報流出を受けて利用が延期されていましたが、早ければ来年1月から取り扱いを始めることになります。ただし、他の行政機関との情報連携の解禁は引き続き延期となります。  年金加入者が年金事務所...
ページのTOPへ